CMで話題!豊洲「teamLab Planets TOKYO DMMcom」でオススメの服装

スポンサーリンク





どうも!2年前からteamLabのKazzzです!

2016年7月からお台場で夏季限定で開催されたDMM PLANETS TOKYOへ参加してから
デジタルアートでまさかの感動をしてしまいteamLabのファンになってしましました笑
ちなみにDMMの会長に亀山さんいわく全く金額的採算は合わなかったけど、圧倒的反響とブランディング効果によって
新卒採用などへ好影響だったとの事です。その意味も納得です笑

今回は、2018年7月から新豊洲にて開催している。DMM PLANETS TOKYOに参加してきたので
そこでの体験レポートをご紹介したいと思います!
まだteamLab の展示・デジタルアートを体験した事ない人は必ず行ってください!本当に美しく感動するので
間違いなくオススメです!特に気になるあの人とのデートなんかには最高です笑

CMで話題のteamLab Planets TOKYO DMMcomとは

他者と共に、身体ごと、圧倒的に没入する

人々は、超巨大な作品空間に、他者と共に、身体ごと、圧倒的に没入します。
チームラボプラネッツは、チームラボが長年取り組んできた、「Body Immersive」というコンセプトの、身体ごと作品に没入し、自分の身体と作品との境界を曖昧にしていく、超巨大な身体的没入空間の作品群からできています。
「Body Immersive」とは、デジタルテクノロジーによって、作品とそれを媒介するキャンバスが分離され、キャンバスを変容的なものにすることができることによって、もしくは、連続した動的なふるまいによる視覚的錯覚によって、身体ごと作品に没入させることができるという考えです。
そのことによって、人々は身体と作品との境界が曖昧になり、自分と世界との関係を考え直
すきっかけになるのではないかと考えています。
そして、一つの世界が、自分や他者の存在で変化していくことで、自分と他者が同じ世界に溶け込んだ連続的なものとなり、自分と他者との関係が変わっていくのです。
引用:https://planets.teamlab.art/tokyo/jp/

正直何を行っているのかわからないんで以下の動画を参考にしてください!

水に入る作品があるため半ズボンがおおすすめ!

水に入る作品が多数あるため、半ズボンを着用して来ることをオススメします!
貸し出し用の半ズボンもありますが、可愛く写真を取りたい方はご自身でお気にいりの半ズボンを持ってきた方がよいと思います!また展示スペースを裸足であるき回ります。
水の入った後はコースの途中にタオルがあるのでそちらを利用することが可能なのでタオルは持参しなくて大丈夫です。

スカートは鏡があるのでオススメしない

インスタでもよく皆さんが写真を上げている展示では足元が鏡になってます。
なのでスカートは下着は鏡に反射してしまう可能性がなきにしもあらずなのであまりスカートの着用はオススメしません!

ロッカーや更衣室があるので安心

展示スペースに入る前、会場にはロッカーがあります。サイズは30Lのバックが入る容易に収まるくらいの大きさです。
また更衣室があるのでそちらで持参してきた半ズボンに着替えることが可能なのでとても安心して現地入りする事ができますね!
少し料金が高いだけのフォスピタリティーはありますね笑

待ち時間や混雑情報は??

2年前のteamLab Planets TOKYOでは6時間待ち?何かもあったようですね笑(僕はCMが開始される前に行ったので10分待ちでいたが、、)。
今回、僕が行った曜日時間帯は平日の20時だった事もあったのか待ち時間は「0分」でした。
CMを行っているのに全然余裕でした笑。土日は時間帯にもよりますが、午前中の早い時間帯などであれば
全く並ばず会場入りすることが可能との事です!なので1
平日の夜または、休日の午前中にチケットを取る事をオススメします!

チケット料金と予約方法

まだまだチケットを購入する事は可能です!
チケットの予約方法は以下です!
https://planets.teamlab.art/tokyo/jp/
また新料金に改正されたみたいなので是非確認してください!

スポンサーリンク



ABOUTこの記事をかいた人

【世界一周経験者25歳アクティブITサラリーマン!】 1991年生まれ AB型/ 東京都在住・成田空港第2ターミナル出身/ 「もっとより豊かな人生を!」をもっとうに 海外旅行30ヵ国以上渡航・映画累計900本以上視聴/ その他、テクノロジー・バイク・ サッカー・温泉・季節を感じること・花・新たな事への挑戦を愛する!