サイトアイコン Kazzzの旅ブログ

真の「デジタルトランスフォーメーション」意味とは?| Digital Transformation

こんにちわデジタルマーケティングコンサルタントの「jay」です!
私はマーケティング業界で20年間身をおいて来ました。アメリカで10年と日本で10年仕事をしてきて
マーケティング活用のアメリカと日本の差に大きな課題があると感じています。特に日系企業が問題を抱えているのが「デジタルトランスフォーメーション」です。
今回はそもそもデジタルトランスフォーメーションついて何かを書いてゆきたいと思います。

1.デジタルトランスフォーメーションの重要性叫ばれる今

3年前に「デジタルトランスフォーメーション」は、流行りのキーワードとなり、
企業の役員やコンサルタントは、新しいデジタル経済の中で企業が成長し繁栄するために欠かせないものとなりました。
ブリティッシュテレコムとエコノミストの情報機関は、2017年の秋に5大陸全域の400名のCEOへの聴き取り調査を発表しました。
参加者の40%が重役会の議題のトップにデジタルトランスフォーメーションを取り上げました。
リーダーは、デジタルの時代にデジタルトランスフォーメーションを成功に導くために、真のデジタルトランスフォーメーションの構成を知ることが重要です。

2.多くの企業はデジタルトランスフォーメーションの意味を理解していない

新しいデジタルの世界に勝利するために、幹部は優先的に戦略と戦術を変更せざる負えないにもかかわらず、
デジタルトランスフォーメーションが実際に何を意味し、経営幹部は、結果として何を期待するべきか、私には確かに多くの混乱があるように見えます
デジタルトランスフォーメーションが何を意味し、成果として何が期待されるのでしょうか?

3.デジタルトランスフォーメーションの意味とは?

私はデジタルトランスフォーメーションについてマサチューセッツ工科大学のジャンヌ・ロスやコロンビア大学のデビッド・ロジャースのように考えています。

彼らは、二人ともデジタルトランスフォーメーションは、テクノロジーに関するものではないと、はっきり述べています。
むしろ、
企業は、変換によって新しい戦略やビジョンを形成し、デジタルテクノロジーの助けを借りてそれを実現することによりカスタマーに新たな価値を提供することにうまく成功しています。

現在のビジネスモデルやバリュープロポジションの維持のためにデジタルテクノロジーを頻繁に使用することは企業にとって簡単なことです。
このような場合、インフラストラクチャー、あるいは既存のプロセスは、アップグレードされる一方で、カスタマーには新しい価値を全く形成しない場合もよくあります。
このような企業は、デジタルテクノロジーのさらなる使用について要求できますが、本当に変換しているのでしょうか?
ビジネスモデルは変わっているでしょうか?
カスタマーは、企業プロセスがさらにデジタル化されていることを問題にしません。
カスタマーが期待していることは、新しい価値と忠誠を維持する理由です。

4.デジタル革命の流れに真の意味で変化しなくてはないらない

従来のビジネスプレーブックは、デジタル革命によって逆行しています。
企業のインフラストラクチャー以外に、企業のリーダーシップに必要なことは、企業の競争、価値、革新、データおよびカスタマーに関する考え方を改善して新しく発展させることです。
さらに、リーダーに必要なことは、なぜ自分たちの業界が混乱しているのか明確に把握し、適切なデジタル戦略とレスポンスを構築することです。
事業すなわち企業は、いかにデジタルを活用して運営されていますか? カスタマーに対してインフラストラクチャーを改善し、新しい価値を創造していますか?
リーダーは、デジタルの時代にどのように考え、リードしていくべきか、見通しについて今後の記事にご注目ください。

モバイルバージョンを終了